スタジオPablo さかな通信

アミメハギとニジギンポ

こんにちは、今井です。

今週のブログ当番 今井さんはこんな人

小林プロダクションを経てフリー

2006年頃よりスタジオPabloの仕事を手伝って頂いています

ゲーマー、電子機械工作人、釣り人、料理人の顔を持ち、どれもプロ級

当ブログでは、「さかな通信」を長年担当しています

宮城県出身

 

いつもスタジオpabloさかな通信をご覧いただきありがとうございます。
さかな通信では川辺や海辺の魚、生物の採集や釣り 飼育や観察の様子などを紹介します。

今回は最近採集した魚の飼育の様子を紹介します。

アミメハギ 5cm カワハギの仲間で小型種です。港などの岸壁近くの流れ藻やロープに付着した海藻などに群れています。
口が硬く小さい魚なので中々釣ることができません。そこで餌で魚を浮かせて下から網ですくって採集しました。

アミメハギを水槽に移して落ち着いてくると餌に興味を示します。個体差もあり配合餌を全く食べないものや焼き海苔、生の青のりを好むものなど様々です。どの個体もアミエビや生のイカ、エビなどはよく食べます。
慣れてくると手から餌を食べるようになります。
ひし形で体が薄く軽いのか一緒に飼育しているオキゴンべの体当たりを軽々とかわしていました。 背ビレにある硬いツノを立てて抵抗もします。

ニジギンポ 7cm アミメハギ同様、流れ藻や付着物の多いロープなどに見られます。付近を餌で誘い出し様子を見ながら釣りました。
性格は大人しめですが、下アゴに鋭い牙を隠し持っているため噛まれないよう注意が必要です。
ニジギンポがカキ殻の中で休んでいる時に近づいた魚に向かって大きく口を開けて威嚇している様子を観察できました。

よく泳ぎまわりカキ殻などに身をくねらせて休むということをくりかえしています。
ニジギンポは慣れるまで餌を一切口にしません。殻のついたアサリなどを食べ始め、慣れてくると配合餌もよく食べるようになり変わったものだと豆腐など飛びついて食べます。


手前下 ハオコゼ 右 ニジギンポ 奥 オキゴンべ

中層を泳ぐ魚が加わって賑やかな水槽になりました。ニジギンポ アミメハギ ハオコゼがカキ殻のついた岸壁に身を寄せて生息している様子が観察できて嬉しく思います。

 

 

さて最近の私はTVアニメーション『ダンス ダンス ダンスール』の背景に参加しています。

公式サイトより引用

2022年4月放送予定です。楽しみにしていてください。

公式サイトです
https://danseur-anime.com

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA