制作裏話

『サザエさん』2020年春 オープニング 背景美術について

こんにちは、鈴木です。

弊社スタジオパブロでは、数年前より

『サザエさん』のオープニング背景美術を
毎回数カット描いています。

2020年春オープニング

現在放送中のオープニングは、東京がモチーフです。
1年延期になりましたが、東京オリンピックを意識したのでしょう。

オープニングについては、こちらのサイトでも記事にされています。

https://news.mynavi.jp/article/20200329-1006482/

わたしは東京駅を描きました。

後述しますが、サザエさんのオープニング背景画は
昔ながらの「手描き」で描いています。
パソコンでは無く、画用紙に絵の具と筆をつかい描きます。

納品したデータ

01_1_.jpg

枠を外したデータ

01_1.jpg
手描きならではの、筆あと が見えます。

東京駅との関わり

わたし鈴木は「劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~」でも東京駅を描きました。

前後編の作品でしたが、スタジオPABLOでは前編のみ担当させて頂きました。

担当した中でも、印象に残っているカットは
定点アングルでとらえた、原っぱから段々東京駅が出来上がっていくカットです。

建築風景から東京駅完成までを描きました。

建設当時のことを調べるのも楽しく
「はいからさん前編」で東京駅を担当する数年前に
東京駅ステーションギャラリーで開催されていた
「東京駅100年の記憶」展で、図録を買っていたのが役に立ちました。

描いた東京駅は、映画のパンフレットにも大きく掲載されて
嬉しかったのを覚えています。

サザエさん旅の記録

サザエさん公式サイトでは今までサザエさんが旅をしたオープニングがまとめられています。
「サザエさんの旅」より画像引用

まだ載っていない動画もありますが、かなりの数を視聴できます。

サザエさんオープニングをみて、各県の名所を
はじめて知る、ということもありますよね。

サザエさんオープニング 手描き背景へのこだわり

サザエさんのオープニングは
画用紙に絵の具(ポスターカラー)と筆をつかった「手描き」で描かれています。

デジタルで描くことが主流の近年ですが
監督や美術監督の方の強いこだわりで、現在もそのように描かれています。

手描き背景の持つ独特の暖かさ、柔らかさは、ファミリー向け作品である
サザエさんの雰囲気に、よく合っていると感じます。

サザエさんオープニングは現実の風景を描いているので
「行ってみたい」
「行ったことあるよね」
などと思っていただけたら嬉しいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA