雑記

吉田博展

こんにちは、佐々木です。

今週のブログ当番 佐々木さんはこんな人

2019年大学で油絵を専攻したのち スタジオPABLO入社

現在はTVアニメ『Sonny Boy』参加中

岩手県出身

今回は、3月に行ってきた版画の展示について書こうと思います。
行ったのはずいぶん前に感じるのですが、
3月~6月の間に3作品に関わっていたためかあっという間だった気もします。。

『没後70年 吉田博展』


『没後70年 吉田博展』  https://yoshida-exhn.jp/

↑ブログを書くにあたりサイトを開いてみたら、展示会場がVR公開されていることを知りました。今時だ~と思ってちょっと覗いてみましたが面白かったです。

大学時代に作品を見かけて構図や色使いが素敵で気になっていた作家さんですが、

(参考に公式Twitterを引用します)

近くで見てみると、
画面の中で特に目が行く部分はキリっとした線ですが
反対にスケッチを活かしたゆるさを感じる描き具合の部分もあり、緩急をつけた描き分けをしていることに気づきました。
私の中では、浮世絵は全部ピシッと仕上げた線が多いイメージだったので意外に感じました…!
(背景美術を描く時も、画面を見やすくするために全部を描き込み過ぎない描き方は大事にされているのですがなかなか難しいです。。)

他にもミニシアターでは、版画の刷り方の再現が流れていたのですが、
版画は彫師(ほりし)と摺師(すりし)に分かれ、吉田博本人がすっていたのではなく摺師に細かい指示をだしてすり上げられていたと知りかなり驚きました。

作品を見ると分かるのですが、色使いが繊細なのでてっきり一人で作業しているものだと思っていました…
個人的に面白い気づきがあったので、行ってみて良かったです。

🌟最後に宣伝です🌟
TVアニメ『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』

毎週土曜日朝9:30~放送中です。

よろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA