制作裏話

『Sonny Boy』背景美術に参加せていただきました!

こんにちは、堀川です。
まだまだ暑い日が続きますね。マスクもつけているので蒸して大変です。

今週のブログ当番 堀川さんはこんな人

2017年 高校卒業後、新卒でスタジオPABLO入社

背景マンとして様々な作品に参加中

福島県出身

今回は背景美術マンとして参加させていただいた
現在6話まで放送中のTVアニメ『SonnyBoy』について書こうと思います。

今現在、わたしはTVアニメ『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』の背景画作業を担当していますが
先月まで『SonnyBoy』に参加していました。

この作品は謎が多い独特な世界観のアニメで、背景マンとしてはいろいろな舞台を描くことができて
描いていて、とても楽しかったです。

今回のブログではいくつか自分が描いたシーンをご紹介したいと思います。

アニメの背景美術は
その作品の雰囲気に合うように色やタッチなどの描き方を
作品毎に作っていくのですが

『Sonny Boy』は色使いが独特です。
詳しくは前回の藤野さんのブログを読んでいただけると嬉しいですが
補色を意識した配色を行っています。

教室や廊下など、普通とは少し変わった配色になっているので、描いている側もテンションが上がります。
色について追記すると、画面のどこか一部に強い黒を入れて、色の対比を強めるといったこともしています。

絵コンテも特殊な世界観を描いているので
1話や6話にあったように
天井と床があべこべになったり、変形した学校なんて
普段描かないものなので、どうやって描こうとか考えるのが楽しかったです。


ビーチ沿いのワンシーンです。

全体的に少しデフォルメっぽく、普段描かないような少し癖のあるようなタッチで描いてみました。


倉庫型スーパー内のシーンです。

カラフルで面白可愛い感じにしました。
こういうごちゃごちゃした小物が大好きなので、とても楽しかったです。

以上、簡単ですがご紹介しました。

『SonnyBoy』絶賛放送中です。
今後も不思議な面白い世界が出てくるのでぜひ見てほしいです!


画像引用元:https://anime.shochiku.co.jp/sonny-boy/

https://anime.shochiku.co.jp/sonny-boy/

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA