スタジオPablo さかな通信

岸壁水槽に魚を入れました

こんにちは、今井です。

いつもスタジオPablo さかな通信をご覧いただきありがとうございます。

このブログでは、身近な川や運河、海などに棲む魚や生き物を釣りや採集、飼育、料理などを通して紹介していきます。

今週のブログ当番 今井さんはこんな人

小林プロダクションを経てフリー

2006年頃よりスタジオPabloの仕事を手伝って頂いています

ゲーマー、電子機械工作人、釣り人、料理人の顔を持ち、どれもプロ級

当ブログでは、「さかな通信」を長年担当しています

宮城県出身

 

さて今回は、前回作ったカキ岸壁水槽で飼育する魚の様子を紹介します。

 

オキゴンベ 7cmくらい 穏やかな湾の岸壁下の岩近くで釣れました。水深は2mくらいの所です。
オレンジ色の魚はインパクトがあります。

水中を泳ぐことは少なく、岩や壁伝いに移動していくイメージです。

深場から浅場、水面近くまで活動範囲が広く、よくカキの隙間に入り込んで目を上下左右に動かして様子を伺っている姿を観察できます。

 

餌をあげようとすると、ヒレをバタつかせてホバリングして構えている様子がユニークです。

しかし気性がやや荒く、他の魚に体当たりします。

以前紹介したハオコゼも一緒に飼っていますが、今までどんな魚とも上手くやってきたハオコゼもオキゴンベの執拗な攻撃には参ってしまっている様子です。


夜になり警戒心がなくなって浅い所で見下ろしているオキゴンベ

 

今回、実際に魚を入れてみて、イメージしていた通りに魚がカキ岸壁に馴染んでいて、オキゴンベの実際のくらしが想像できる感じがして、作った甲斐があったと思いました。

 

 

 

さて最近私も少し描きました『劇場版少女 歌劇レヴュースタアライト』6月4日公開予定です。

楽しみにしていてください。

劇場版 レヴュースタァライト 公式HP

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA