制作裏話

TVアニメ『ONE PIECE』映画連動編の美術を担当しました!

こんにちは、水野です。

今年1月に名古屋スタジオが誕生してから8ヶ月が経過しました。
時間が経つのが早過ぎて、未だに引っ越したばかりの気分です。

今週のブログ当番 水野くんはこんな人

2016年美術大学デザイン科を卒業後 スタジオPABLO入社

 さまざまな作品に、背景マンとして参加

 TVアニメ『2.43清陰高校男子バレー部』『Sonny Boy』『ダンス ダンス ダンスール』で美術補佐を担当

 TVアニメ『ONE PIECE』 1029話、1030話で初の美術監督を担当

愛知県出身

TVアニメ 『ONE PIECE』 映画連動編について

今回は初めて美術監督を担当しました ワンピース映画連動編について紹介したいと思います。

『ONE PIECE FILM RED』といえば、公開直後から話題になっていますね!
映画ワンピースシリーズ史上No.1の動員・興行収入とのこと、、、凄いですね!

公式サイトより引用

弊社で担当させていただのはTVアニメ『ONE PIECE』の1029話、1030話です。
映画『ONE PIECE FILM RED』に登場するヒロイン、ウタとルフィの幼少期の出会いを中心に描いた特別編です。

1029話、1030話は前編、後編に分かれています。
1029話は先週放送でしたが、後編にあたる1030話はこれから放送なので、よろしければ是非ご覧ください!

2022年8月21日(日) 9:30~10:00 フジテレビ系列にて放送

アニメ公式サイト

原作ファンでもあるので
初の美術監督作品として 今回の映画連動企画に携わることができてとても嬉しいです。

映画連動編の背景美術について

担当させていただいた2話数は特別編ということで、今までのワンピースの背景画の感じと変えても大丈夫とのことだったので
ほぼアナログ(画用紙に絵の具と筆)で作業することによる、筆のタッチを生かした背景画にしました。

初めて美術監督を担当してみて、いろいろと気づくことが多く勉強になりました。

特にクオリティーを維持しつつ
締め切りに間に合うかという部分が一番不安だったのですが
無事作業が終わり、ホッとしています。

アニメは1話ずつ大変な労力で作られているのだと
あらためて知る機会になりました。

制作スタッフの皆様、そして背景スタッフの皆様ありがとうございました!!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA